家づくり優遇制度 / グリーン住宅ポイント制度

グリーン住宅ポイント制度は、新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込んだ経済の回復を図り、一定の省エネ住宅の新築、既存住宅の省エネリフォームを行った者に対しポイントを付与する制度です。新築住宅の場合ポイント数は、最大100万ポイント(1ポイント=1円)となります。

★2021年10月31日契約分まで(省エネ住宅がポイント発行の対象。申請締め切りも10/31になりますのでご注意ください)★2021年10月31日契約分まで(省エネ住宅がポイント発行の対象。申請締め切りも10/31になりますのでご注意ください)

【注文住宅の新築、新築分譲」住宅」の購入】

①、②のいずれかに該当し登録住宅性能評価機関の第三期間に照明を受ける事
 ①高い省エネ性能等を有する住宅(A~Ⅾのいずれかに該当すること)
A)認定長期優良住宅
B)認定低炭素建築物
C)性能向上計画認定住宅
D)ZEH
②一定の省エネ性能を有する住宅
品確法に基づく性能表示基準で定める断熱等性能等級4、かつ一次エネルギー消費量等級4以上の性能」を有する住宅

【賃貸住宅の新築】
建築主が賃貸の用に供するために新築する共同住宅等であって、建築物省エネ法に基ずく住宅トップランナー制度の賃貸住宅に係る基準に適合する、すべての住戸の床面積が40㎡以上の賃貸住宅。
グリーン住宅ポイント.jpg
*特例はいずれかに該当すること
1.東京圏からの移住の為の住宅
2.住宅ポイント発行申請時点で18歳未満の子3人以上を有する世帯が取得する住宅
3.住宅住戸内に調理室、浴室、便所又玄関のうちいずれか2つ以上が複数個所ある三世帯同居仕様の住宅。
4.災害リスクが高い区域からの移住のための住宅


世界をつくった直角三角形

こんにちは。

突然ですが、直角三角形という言葉、懐かしい響きですよね。

大人になって、この言葉を使う機会は少ないのではないでしょうか。


現場関係の方でしたら、

『さしご、さんしご』定規で直角をだす方法があるので

使い慣れているかもしれません。


『さしご、さんしご』とは、直角三角形の辺の比率が

3:4:5 という、ピタゴラスの定理に基づいたものです。


この『さしご』、実はピタゴラスの定理よりも昔から使われていたそうです。


測量機器のない時代に、大工さんが長さ12尺の貫板を

3尺、4尺、5尺に切り分けて作った直角三角形の道具で

古くから使われている直角を出すために使われてきた手段です。


これで柱の垂直性や、各所の直角を見定める事ができます。


建築の基礎は、直角。

直角が定まらなければ扉も閉まりませんし、

丸いものを置いたら、コロコロと動き出してしまいます。

建築の世界では直角の事を(矩:かね)といいます。


手のひらでも直角を知る方法があるのをご存じでしょうか。

親指と人差し指を、めいっぱい開いて L字をつくると

親指が約3寸(9センチ)、人差し指は約4寸(12センチ)、

もう一辺が、約5寸(15センチ)になり、直角三角形になります。


この手のひら三角形は、私たちが普段使用している

道具の大きさにも直結しています。


たとえば湯呑やそば猪口、茶筒、ビール瓶の直系などは

掴む動作に使う、人差し指と親指で開いたときの5寸の半分、

7.5センチに設計されており、

この長さが、持ちやすさの基準となっています。

このサイズよりも大きなものは、取っ手が必要になります。


しかし、日本の伝統的な汁椀の口のほとんどが12センチ前後ですが、

取っ手はありません。


実は、このサイズは両手の親指と中指で描いた

円弧の直径と同じになっています。

つまり、汁椀は両手を添えて持つものなのです。


汁椀の糸切底(底)と、椀の縁まで7.5センチなので

作法を気にせず、箸を持ちながら椀を持てるようにもできています。

片手でも持てるように、汁椀は設計されているのです。

建築物も、食器にも、その文化の源泉には人の手が関係しています。

手のひらの直角三角形が文化を作ったなんて、奥が深いですね。


家づくりをお考えの方や、新築やリフォームをお考えの方、

お気軽に、弊社までご相談ください。

地鎮祭が執り行われました。

こんにちは!住宅アドバイザーの小野です
先日新築工事の地鎮祭が執り行われました。
小雨の為、ブルーシートとテントを張りました。
地鎮祭は、その名の道り、(地を鎮める、落ち着かせる)という意味です。
土地の守り神である産土大神、地を守護する神である大地主大神、土を守護する神である墳山姫大臣をまつります。
工事の安全、ご家族の繁栄、幸せを願います。
幸せのお手伝いをさせて頂きます。よろしくお願い致します。
IMG_5011.JPG

SW 住宅 SUPER WALL 変わりゆく暮らしそれを支える家ずっと続く性能(4)耐久性

通気層構造と高性能断熱が住まいの耐久性を高める。

SWは、一番のポイントは、湿気によろ壁内部への結露の発生を抑えること。特に断熱材の耐湿性がそのカギとなります。
IMG_4953.jpg

最高水準の性能を持つ断熱材が壁の内部結露を抑えます。

スーパーウォールの家で使用している断熱材は、高性能な硬質ウレタンフォームです。その特長は湿気を通しにくく、グラスウール比およそ2倍の断熱性能。壁の内部結露を抑えることができるため、住まいの耐久性向上に効果を発揮します。
IMG_4954.jpg

現場発泡ではなく工場生産にこだわる理由があります。
IMG_4955.jpg

SW 住宅 SUPER WALL 変わりゆく暮らしそれを支える家ずっと続く性能(3)災害への備え

SWは、地震・台風・竜巻など自然災害から家族を守る。
南海トラフ地震や首都直下型地震など、巨大地震の発生が予測される近年、自然災害は地震がかりではなく、大型台風や竜巻も頻発しています。ご家族や大切な財産を守るためには、住まいづくりにおける災害への備えをさまざまな角度から行うことが求められているのです。

効率よく耐震性を高める壁倍率4.3倍のパネルを実現。
IMG_4950.jpg


耐震等級3の設計で大規模な地震に備える。
*耐震等級3の設計は、住宅会社にて行います。プランや建築条件によっては、耐震等級3を実現できない場合もあります。詳しくは、ご相談ください。

IMG_4951.jpg
スーパーウォールも家にはさまざまな災害における信頼の実績があります。
地震大国である日本において、数々の大規模地震が発生する中で、スーパーウォールの家は、すぐれた耐震性能により、お住まいいただいているご家族の暮らしを守り続けてきました。6面体で強い外力もしっかり受け止めるモノコック構造や高い気密性能を持つことから、巨大竜巻や台風・豪雨など、風や雨の自然災害にもその強さを発揮。東日本大震災の甚大なs津波災害においても、奇跡的に倒壊を免れた例があるなど、さまざま災害に対する信頼の実績を持っています。

IMG_4952.jpg

SW 住宅 SUPER WALL 変わりゆく暮らしそれを支える家ずっと続く性能(2)空気環境

SW住宅は、計画換気システムで24時間、健やかな空気を保つ。
近年はPM2.5などによる大気汚染、カビ、ダニ、花粉といったアレルギーの対策など、空気環境に注目が集まる中で、住まい全体の通風など、計画な換気に目をむけることも必要です。室内の空気環境を清浄化することは、ご家庭の健康のために重要なポイントです。
IMG_4878.jpg

カビ・ダニの繁殖を抑えるためには、空気のよどみを少なくすることが大切です。
気密性を高め隙間を少なくすることで、外気とともに出入りするホコリや花粉などを大幅にカット。また、計画換気シスエムの採用により、住まいの隅々にゆるやかな空気が流れ、空気のよどみが少なくなり、カビ・ダニの繁殖を抑えることが期待できます。

PM2.5や花粉などの侵入を大幅にブロックします。
新鮮な外気を取り入れ、計画的に家中の換気を行う、24時間計画換気システムですが、PM2.5や花粉などの外気の押せんが気になる場合は、全熱交換型換気システムECOAIR85.ECOAIR90において、PM2.5対応フィリター(オプション)を使用することが可能です。2.0μm(1μm=1mmの千分の1)の微小粒子を約90%捕集することができます。
IMG_4886.jpg
室内の温度・湿度を保ちながら効率的に換気を行います。
一般的に換気を行う場合、窓開けや給気口から取り入れる外気とともに、外の湿度や湿気も一緒に取り込んでしまいます。しかし、全熱交換型換気システムECOAIR85.ECOAIR90を使用することにより、高効率の熱回収と湿度の交換で室内の快適さはそのままに換気を行うことが可能に。省エネ住宅の課題でもあった、住宅の熱損失のうち換気が占める約15%の熱損失のうち換気が占める約15%の熱ロスを抑えることができ、住宅一棟の性能をさらに向上させることができます。その効果は、ECOAIR90の場合、断熱材を4倍厚くするのと同じ効果が得られることになります。
住まいの条件などに合わせて選べる計画換気システム。
建物の特徴や条件に合わせて選択することが可能です。住まいの省エネ性を高める場合は熱交換型の計画換気システムがおすすめです。

★春や秋など季節のよい時期は自然の風を取り入れて心地よく★
IMG_4883.jpg


SW住宅 SUPER WALL変わりゆく暮らしそれを支える家ずっと続く性能 (1) 温熱環境

スーパーウオールは、高性能なスーパーウオールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造の住宅です。
「健康」 「快適」 「安心」 「安全」

●魔法瓶のような高い断熱性で家の中の温度差が少ない暮らし。  
IMG_4856.jpg
●住まいの断熱性を高めると家の中の温度差が少なくなります。
IMG_4857.jpg
●脱衣所やトイレとの温度差が少なくヒートショック防止にも役立ちます。
IMG_4858.jpg
●部屋間の温度差だけでなく上下の温度差も少なく快適性。
IMG_4859.jpg
●就寝前に暖房を止めても翌朝15℃という暖かさ。
IMG_4860 1.jpg
●エアコン設定温度と体感温度の差が少なく、夏も冬も快適。
IMG_4861 1.jpg
●見えない隙間、家の気密性が暮らし心地の差となって表れます。
IMG_4862.jpg
●家中が暖かい住まいは健康の改善につながります。
IMG_4863.jpg

LIXILパンフレット掲載

SDGsとは

こんにちは
最近SDGsの言葉をよくお聞きするようになってきたのではないでしょうか~。
エスデイージーズ。
SDGsとは、
「持続可能な開発目標です。」世界中にある環境問題・差別貧困。人権問題といった課題を世界のみんなで2030年までに解決していこうという計画目標の事。SDGssdg_poster_ja.jpg 

7番目のエネルギーをみんなに。
今世界中で注目されているのが、「資源をくり返し使える・二酸化炭素を俳出しない」再生エネルギーです。自然エネルギーの利用法をご紹介します。
住宅に関して
パッシブエネルギー

ゴーヤの緑のカーテンや、ひさしをつけたり北側の低い位置に窓をつけて熱移動させたり。エアコンの温度調整をするのではなく、自然の力で空間を快適に保つこと。
アクテイブシステム

太陽光、風力エネルギーを利用した発電などがあります。
エコキュートは空気熱を利用した給湯器で消費エネルギーの3倍以上の熱を生みます。

★再生可能エネルギーの普及はおおきな課題もあります。
費用がかかる事や自然エネルギーだけに環境に影響をうけてしまう事もあります。
しかしこれからの家づくりは、エネルギーや地球環境に意識したものが主流になっていくのではないでしょうか。
家づくりでお考えの方や、新築やリフォームをお考えの方はお気軽に弊社までご相談ください。